平成21年度 研究成果 (研究代表者:金沢大学 山田正仁)

平成21年度総括研究報告書(PDF)

平成21年度研究分担者研究成果概要(図表)(PDF)

氏 名 研 究 成 果 タ イ ト ル
山田 正仁 フェノール化合物のアルツハイマー病予防効果
池田 修一 原発性全身性ALアミロイドーシスに対する化学療法の効果
樋口 京一 細胞外アミロイド沈着は熱ショック反応によって調節される
玉岡  晃 酸化ストレスはプレセニリン1(PS1)の発現を増加させ、アミロイドβ蛋白(Aβ)の産生を促進する
高市 憲明 HDとCAPDにおける破壊性脊椎関節症(DSA)の発症要因
山田 俊幸 アミロイド線維化しやすいSAA1.3はHDLから解離し易く不安定である
内木 宏延 細胞外分子シャペロンはβ2-ミクログロブリンアミロイド線維の試験管内形成を阻害する
今井 裕一 ALアミロイドーシス腎不全患者での血液透析膜による遊離軽鎖除去に関する検討
島崎 千尋 原発性ALアミロイドーシスに対するボルテゾミブ・メルファラン・デキサメタゾン(BMD)療法
吉崎 和幸 抗IL-6受容体抗体(トシリズマブ)はSAA産生抑制し、AAアミロイドーシス治療に有効性発揮することが期待される
東海林幹夫 脳アミロイドーシスに伴うtauopathyは神経原線維変化の蓄積と神経細胞死を誘発する脳へのTau蓄積は脳脊髄液tauを増加させる
麻奥 英毅 無症候性ALアミロイドーシスの臨床的特徴
河野 道生 ALアミロイドーシス形質細胞はNF-kB活性が極めて高く、正常骨髄形質細胞と似ている
奥田 恭章 消化管アミロイドA定量による臨床的評価と有用性
安東由喜雄 アミロイド線維形成機構をもとに進行している研究
中里 雅光 BRI関連蛋白(ITM2B)はアルツハイマー病の老人斑に沈着し髄液中に多く存在する傾向にある
工藤 幸司 アミロイドーシスを画像診断する
水澤 英洋 アンジオテンシン受容体阻害剤のアミロイドβ産生への影響
星井 嘉信 市販の抗κ鎖抗体clone H16-EはAκアミロイドの免疫組織化学的検出に有用である
西  慎一 透析アミロイドーシスの診断基準試案および腎生検標本におけるアミロイド量と臨床データの関連
畑  裕之 ALアミロイドーシスの過剰線溶の指標PICは、本疾患の診断に有用である
松井 高峯 FCAとSAによる炎症刺激後の牛アミロイド投与によるウサギのアミロイドーシス誘発実験
岩坪  威 apoEはアイソフォーム特異的にAβ線維形成に影響を与える
小池 春樹 家族性アミロイドポリニューロパチーの集積地例と非集積地例のアミロイドの性質の差異
小野賢二郎 Grape-seed由来ポリフェノールはアミロイドβ蛋白凝集を抑制する
ページトップに戻る