アミロイドーシスに関する調査研究班とは

本研究班は、アミロイドという異常蛋白質が沈着しておこる病気であるアミロイドーシスの克服を目指して、その調査研究を推進し、画期的な診断法や治療法の開発に取り組んでいます。
本研究班では、中核事業としてアミロイドーシスの病型診断コンサルテーションを受け付けております。詳しくはこちらをご覧下さい。

最新情報&更新情報

  • 2017年1月20日東京にてアミロイドーシスに関する調査研究班 班会議を開催致しました。
  • 2016年8月19日東京にてアミロイドーシスに関する調査研究班 班会議を開催致しました。
  • 2016年1月22日東京にてアミロイドーシスに関する調査研究班 班会議を開催致しました。
  • アミロイドーシスの実態調査の為、全国疫学二次調査を実施致します。
  • アミロイドーシスの実態調査の為、全国疫学調査を実施致します。
  • アミロイドーシスに関する調査研究班 平成26年度班会議 平成27年1月23日(金)KKRホテル東京にて開催致しました。
  • アミロイドーシスに関する調査研究班 平成25年度総括・分担研究報告書及び平成23年度~25年度 総合研究報告書を作成致しました。
  • 2014年1月23日~24日東京にてアミロイドーシスに関する調査研究班報告会を開催致しました。
  • 2013年7月25日~26日 大分県別府市にて夏のワークショップを開催いたしました。
  • アミロイドーシスに関する調査研究班 平成24年度総括・分担研究報告書を作成致しました。
  • 2012年1月19、20日東京にてアミロイドーシスに関する調査研究班 班会議を開催いたしました。
  • 2012年5月6日~10日にⅩⅢth International Symposium on Amyloidosis がオランダで開催されました。
  • 2012年9月アミロイドーシスへの理解を深めるための用語集を発行いたしました。
ページトップに戻る