アミロイドーシス病型診断コンサルテーションについて

本研究班ではアミロイドーシスの病型診断コンサルテーションを受け付けております。
病理コンサルテーション体制構築ワーキンググループ(メンバーは班員名簿をご覧下さい)で抗体とプロトコールを共有し、ALκ, ALλ, ATTR, AA, Aβ2Mの免疫染色による鑑別を実施します。
免疫染色により病型を確定できなかった症例は、熊本大学医学部アミロイドーシス診療センター、あるいは信州大学第三内科アミロイドーシス診断支援サービスでプロテオーム解析を実施し、病型を確定します。

 

申込み方法及び診断の流れ

  • 1. 申込書(PDFファイルWordファイル)をダウンロードして必要事項を記入し、本研究班事務局(amyloid(アットマーク)med.u-fukui.ac.jp)にメールして下さい。
    お手数ですが、メールアドレスの(アットマーク)を@に変えて送信して下さい。
  • 2. 事務局にて臨床情報、臓器等を考慮し、診断担当施設をメールにてお知らせします。
  • 3. 免疫染色用未染標本10枚を、お知らせした診断担当施設にお送り下さい。組織はできるだけスライドガラスの先端側に載せて下さい。また、病理診断報告書のコピーを添付して下さい。
  • 4. 診断結果はメールにてお知らせします。また、染色済み標本は着払いにて返送します。
  • 5. 免疫染色により病型を確定できなかった場合、プロテオーム解析のため熊本大学医学部アミロイドーシス診療センター、あるいは信州大学第三内科アミロイドーシス診断支援サービスを紹介します。メールにてお知らせする指示に従い、標本をお送り下さい。
  • 6. 料金は無料です。標本輸送料のみ負担して下さい。

 

申込時の倫理審査について

本コンサルテーション体制の精度管理を行うため、本研究班は診断総数及び各病型症例数(免疫染色で確定できずプロテオーム解析を実施した症例を含む)のみ集計いたします。申込時に各依頼施設での倫理審査は必要ありません。

ページトップに戻る